旅行記2


by piro_siki_2

Austria旅行記

1日目/2日目/3日目/4日目/5日目/6日目/7日目/8日目/9日目/10日目

6日目:2月3日(金)
8:15起床。シャワーを浴びて支度。
9:55に宿を出る。

Raimund劇場に向かう途中にある教会。
f0005230_012266.jpg
カトリックっぽくない造りだよね?
どこの宗教、宗派なのかなー。結構好きな造り。
カトリックだったらなんか申し訳ない。。。
ボックスオフィスで、今日のチケットを購入。
とりあえず観れれば良いので、またも10.00Euroの席を。
昨日と同じ座席と、2階の席が空いているみたいで迷う。
ボックスオフィスのお兄さんにどっちがいいか聞いたら2階だっていうので
お兄さんを信じて、そっちを購入。
そして、明日のMozart!のチケットの有無を聞いてみると
安い席は売り切れ、ただ、すごくいい席があるとか。
場所を聞いてみると、確かにいい席…
でも58.00Euroもするのよー…どうしよう。
散々迷って、結局高い席を購入。
Mozart!、好きでもないのに良席買う私って…阿呆だな。

西駅まで歩いていって、U3でVolkstheater駅へ。
王宮礼拝堂に10:35に到着。
11:00から、日曜のミサのチケット発売があるので来たんだけど
誰も並んでないわー。この寒さだしね…。
階段に座って日記を書くも、寒過ぎて手がかじかむ。。。
25分が異様に長く感じたぜ。。。
お金がないので、1番安い席(5.00Euro)をゲット。

リンクを挟んで王宮の反対側にある美術史博物館へ。
f0005230_0121775.jpg
リンクから見た美術史博物館と自然史博物館に挟まれた公園。
f0005230_0124857.jpg
真ん中にはMaria Theresiaの像が。
f0005230_012385.jpg
向かって右が自然史博物館。
f0005230_013258.jpg
左が美術史博物館。美術館じゃなくて、博物館なのよね。
入館料(10.00Euro)をカードで払おうとしたら、ダメだった…。
入ってすぐ、キョロキョロしてたらInformationのおばさんに手招きされ
絵の置いてある場所の変更があるから~と説明を受ける。
いきなり「ブリューゲルが、いつもの部屋にはなくて…」って言われた瞬間
動揺して「バベルの塔は見れるよね?!」と泣きそうな顔で質問してしまった。
ここまで来て見れなかったら、マジ泣きですけど。
何かを察したのか、力強く「大丈夫、この部屋にあるわよ!」とおばさん。
あ~~~良かったぁ~~。

中央にある階段を登りきると、そこにはカフェが!!
おぉ、これがあのCafe Gerstnerか!!
朝から何も食べてないし、ここでいっちょケーキ食っとくか!
f0005230_014211.jpg
開館してすぐだから、お客さんは少なめ。
f0005230_0132273.jpg
1階から上まで吹き抜けになってて、いい感じ。
(画像だと暗く見えるけど…)
ショーケースまで見に行き、最初に目に飛び込んできた
色鮮やかなフルーツのケーキを注文。
紅茶が、セイロンかグリーンティーしかないっていうからセイロンで。
f0005230_0133718.jpg
これがフルーツのケーキ。
一緒に運ばれてきた紅茶はティーパックだった…なんかショック。
(まぁ簡易店みたいなもんだから仕方あるまい…)
一口食べる。………う、うま―――――――!!!!
つい、日本語で「うまっ!!!」って声出しちゃったぜ。
すっごくライトで、パクパクパクパク食べちゃった。何これ、うま!!
あっという間に完食してしまった。。。
恐るべし、Wien!!なんでこんなに美味しいケーキがゴロゴロあるんだ!
チップ込みで5.50Euroなり。
美味しいケーキで気持ちルンルンで絵画を見に行く。f0005230_4212958.jpgf0005230_4213793.jpg
f0005230_4214533.jpgf0005230_4215152.jpg
f0005230_4215536.jpgf0005230_42217.jpg
f0005230_422651.jpg
特別に好きな画家は何人かいるけど、そこまで詳しくないし、美術館行ったらとりあえず全部見て、好きな題材を描いてる人の作品の前で止まることが多いかな。あとはまぁ、直感で気に入ったのと、ガイフドブックに載るような有名作品か。
題材として好きなのは、聖家族!!比べ甲斐があって面白い。
(上の画像は、ヨハネもいるバージョンだけど。)
キリストの母親のマリアを描いてるのも好きだなー。
あとはカインとアベルもの。なかなか見かけないもんで…。
サロメも結構好き。
個人的には好き過ぎて殺してしまうドラマチックなパターンがいいんだけど
(↑オスカー・ワイルドの戯曲)
踊りの褒美に首を切るパターンだよね、ほとんど(たぶん)。
ベラスケスの作品は、Spainで結構見たけど、そんなに好きじゃないんだよねー。
凄さはわかるけど、単に好みじゃない。
そして………!!!
ついにブリューゲルの作品がある部屋へ。。。
とりあえず、「バベルの塔」は後回しで(好物を最後に食べる人)
「雪中の狩人」「農民の婚礼」「子供の遊び」なんかを鑑賞。
今まで、ブリューゲルって「バベルの塔」と「死者の勝利」以外
惹かれるものがなかったんだけど、今回近くでじっくり見てみて
良さがわかったような気がした。ブリューゲル、面白いかも。
最後に見る、と決めつつもさっきから視線の端にチラチラ映って
ドキドキしっぱなしだった、「バベルの塔」へ!!
f0005230_0143451.jpg
うわーうわーうわー!!!
目の前に!!!ずっと見たかった作品が…!!感動。。。
遠くから見てみたり、近寄って隅々まで見たり、だいぶこの絵の前にいたなー。
感極まれり!!Wienに来て良かった!
3階に登ってみる。んーここの展示は微妙かな。
f0005230_018020.jpg
3階から見たGerstner。
f0005230_0182791.jpg
天井のドーム部分はこうなってる。真ん中の顔はJosephなり。
2階に戻って、「バベルの塔」を見納めする。
f0005230_0185469.jpg
中央階段を下ると、美術館入口はこんな感じに見える。
エジプトや古代ギリシャの展示を見る。
ミュージアムショップで色々物色。
「バベルの塔」のポスターが欲しかったけど、我慢する。
f0005230_019879.jpg
まだ2006年になったばっかりだというのに、もう来年のカレンダーが!
気ぃはやっ!!

リンク沿いを歩いて行って、オペラ座近くにある
Malaysia航空のオフィスへ。無事リコンファーム完了。
電話するのも(精神的に)面倒なんで、直接オフィスへ足を運ぶ方が好き。
おかげで、座席指定も出来たし、良かった良かった。

Tourist Informationへ行って、月間イベントプログラムを貰う。
日曜の夜に何観ようか、迷う。
?!?!?!?!
え?!Mozart!のとこに目を疑うコメントが…!!
『コスチュームと仮面をつけたコンサート形式』って何?!
本公演じゃないの??コンサートぉぉおおお???
ちょっ!じゃあ、私は観た事もないミュージカルのコンサートに
58EURも払ったとですか…???ガーン。。。
かなり落ち込む。ズーン。。。

Cafe Mozartへ行く。
f0005230_0192398.jpg
ビックリするぐらい混んでた。Mozart Torteをお持ち帰り(3.80Euro)。
日本人のお客さんが多かった気がした。
次はOberlaaへ。美味いと噂のバナナケーキをお持ち帰り(2.85Euro)。
ここも相変わらず混んでて、ケーキ1つ持ち帰るのに結構時間かかったぜ。。。
なんで持ち帰ったかというと、
Salzburgで一緒に過ごしたKさんから教えてもらった技(?)で
お店でイチイチ食べてると、ドリンクとチップで高くついちゃうから
いくつか持ち帰りで買って、Hotel Sacherの前にあるスタバで
コーヒーか紅茶買って、2階席で食べると安くあがる!というもの。
スプーンもあるし、オススメだよー!と聞いてたから実行してみたの。
スタバで2.20Euroの紅茶を買って。2階席へ。
席について、早速Oberlaaのバナナケーキを味わってみる。
f0005230_0193664.jpg
ん~~~~うまいっ!!!今朝のGerstnerもいいけど
Oberlaaもかなり高ポイントだ、やっぱり。
f0005230_0195172.jpg
Oberlaaは台紙の上にケーキ乗っけて紙で巻いてあったけど
Cafe Mozartはちゃんとした箱入り。
f0005230_020444.jpg
Mozart Torte。一口食べて、口の中にピスタチオの味が広がる。
うーわー!そうか、"Mozart"だもんね…ピスタチオのケーキか!!
う~~~ここまでピスタチオだと、苦手かも…。。。
スタバでだいぶまったり。

若者に人気というSpittelberg地区へ歩いて行ってみる。
結構可愛げなお店が並んでて、面白そう。
明るいうち来れば良かったな~~。
なんでこの辺りに来ようかと思ったかというと、
ここにあるWitwe Bolteというレストランを覗いてみたかったから。
この地区で最も古いバイスル(気軽な大衆食堂みたいな感じらしい)で
皇帝も御忍びで立ち寄ったとか寄らないとか。。。
結構裏路地みたいなとこにあったのでドキドキしたけど
この辺り自体、結構レストラン街みたいな感じで、
もっとお金ある時に食べに来たいな…と虚しい気持ちでその場を去った。。。

Volkstheater駅からU3で西駅へ。
f0005230_0201791.jpg
ここにも、Sisiの銅像があるのよねー。
なんだか、物語の「幸せの王子」を思い起こさせるね。。。
つばめじゃなくて鳩だし、王子じゃなくて皇后だし
どこにも、ルビーやダイヤ、金箔なんてないけれど。

焼き栗を買う。さすが、ここは1区と違って安いわ。
栗をパリパリ剥いて食べながら、途中のスーパーに寄って
お土産なんかを買いつつ、宿に帰る。
宿でまったり。荷物が他にないとこを見ると、今夜1人かも!(喜)

19:10頃宿を出る。劇場が近いっていいわー。
f0005230_0204698.jpg
お、今日もLukasは出るのねー。いぇい。
ん??なんか、昨日とJulia役の名前が違う気がするー。
f0005230_021243.jpg
私の席からの視界。ガッツリ柱が邪魔してくれてる。
でも、柱と離れてるおかげで、昨日の席ほど見えないことはない。
さすが!ボックスオフィスのお兄さんの意見は正しかった。
2回目のRomeo & Julia。
相変わらず王子(Lukasのこと)は素敵ですなー…って
あれ?Juliaの声が昨日と違う!ってことはやっぱ昨日と別人?
おまけにBenvolioも昨日と違ってたし、
昨日の公演で良いソロを披露してたAmme役の人も違う。。。
Ammeの代役の人、昨日、Lady Montagueやってなかった??
え?キャストって順繰りなの?
超困惑。システムがわからーん。
Ammeは昨日の人の方がいいなー。。。
Juliaは、断然今日の方がいい!!
声も見た目もJuliaのイメージ通りだし、
何よりも、Romeoとのケミストリーが素晴らしい!!!
2人のデュエット曲が昨日よりも何倍も良く感じる!
死ぬシーンも、すご~~~~~~く良かった。
昨日の人はね、なんか独りよがりだったんだよね~~~
死んだRomeoの横で歌うんだけどね、なんかガサツだったし。
(凄い言い様。。。)
死に方も、なんだかなーだったのよ。凄く消化不良で。
今日のJuliaの死ぬシーンは凄くすんなり来た。うん。この人好き!
アンサンブルも結構人が違ってたんだけど
Tybaltの恋人役(?)の人の演技が、昨日の人と全然違っててビックリ。
いや、違う人がやってるから違って当たり前なんだけど…
もう、脚本の解釈の時点で全く違う演技で、面白かったー。
超脇役な部分だったんだけど、そこに目が行っちゃった。
(舞台ではMarcutioが死ぬとこで、そこを観るべきだったのに…)
Warumは昨日の方が泣けたけど、今日は死ぬシーンで泣けた。
やっぱ主役の2人がお似合いだったから、気持ち入り込んでたかな?
あぁ、いい舞台だった!!
終演後、出待ちにチャレンジ。
周りみんなドイツ語喋ってて、どうしたらいいかわからなくて
遠くから、様子見。
どこの国へ行っても、この光景って同じだねーふふ。
とにかく今回の目当てはLukasなので、他の人はスルー。
唯一、Tybalt役のMarkが気になったけど、諦める。
ついに王子現る。超興奮。
けど、ドイツ語話せないので、身振り手振りでコミュニケーション。
近くで見るとやっぱかっこえぇの。。。

宿に帰って、興奮冷めやらぬうちにパンフをむさぼり読む。
(昨日はJuliaがイマイチだったからパンフ読まなかった。)
わ、今日のJuliaが本役だったんだ~~~。
やっぱりね!!!(←何故か偉そう)
Benvolioも今日が本役で、Ammeは昨日が本役だったらしい。
Mercutioは昨日も今日も代役だったらしい。
明日からR&Jはしばらく休みなのに(明日からMozart!がある為)、
昨日も今日も休みだったのかよ~~オイオイ、がんばれよ。
どうやら今夜は私1人でこの部屋を占領らしい!イェイ!
24:00就寝。

5日目へ
7日目へ
[PR]
# by piro_siki_2 | 2006-02-03 00:00 | Austria 0601-0602