旅行記2


by piro_siki_2

Austria旅行記

1日目/2日目/3日目/4日目/5日目/6日目/7日目/8日目/9日目/10日目
※画像クリックすると、大きい画像が見れますよ。


4日目:2月1日(水)

6:30起床。目覚ましより早く起きたぜ!
ガシガシ用意して、7:25には外へ。
Fingerlosに寄り、クロワッサンとチョコ2粒を購入(2.90Euro)。
クラプフェンというパンが欲しかったけど、まだ出来てなかった。。。残念。
8:15のバスに乗るつもりで来たのだけど、7:45には到着してしまった…。
f0005230_2514544.jpg
駅側から見たバスターミナル。靄でそばの建物が霞む。
f0005230_2515146.jpg
私が乗るのは、150番のBad Ischl行き。
外で待つのがあまりにも寒過ぎるので、
駅近くのANKERというチェーン店らしきパン屋さんへ。
リンゴパンを購入。早速食べてみたら、何故かチーズの味が(泣)。
Apfel/アプフェルって言ったのに、Kase/ケーゼのパンを
売られてしまったらしい。。。間違えようがないだろ、この2つ!!
もぅ口つけちゃってるし、そんなにチーズの味も濃くないので全部食べる。
暇だったので、駅周辺を探索していたらElisabeth像発見!
f0005230_252095.jpg
彼女の銅像、ホントにいたるとこにあるのよねー。
f0005230_2521887.jpg
POSTBUS到着~~~~~~。
まずはSt. Gilgenまでのチケットを購入(5.00Euro)。f0005230_2522350.jpg

St.Gilgenまでは1時間弱の旅。早速Fingerlosのパンを食べてみる。こっちの包装って、持ち運びに向いてないよね。。。
f0005230_2522859.jpg

クロワッサンは普通かなぁ~。チョコはうまい。ここはやっぱスィーツ勝負だな。
f0005230_2523321.jpg
途中に見えた湖。地図から察するに、Fuschl湖かな?
POSTBUSは、地元の人も使うような路線バスなので
隣町にスキーしに行くおじぃちゃんや、学校へ行く子供たちなんかが
乗っては降りていき、面白い。
山々の間を走るだけあって、結構標高の高いとこを走ったりしてる。
St.Gilgenは、その道路より低い位置にあって、
私の乗るバスが街に近付いた時、ちょうど街全体が霧で覆われていて
まるで雲の中に街があるような感覚に襲われて
写真を撮るのを忘れるぐらい感動した。
言葉では言い表せないぐらい心が震えた。
この時ほど、誰かと一緒に旅していないことを悔いたことはないなー。
この瞬間を、誰かと分かち合いたかった。

St.Gilgen到着。
意外とひっそりしてるなー。って、朝の9時だしなー仕方ないか。
バス停のすぐそばに、Zwolferhorn(十二使徒山)への
ロープウェイ乗り場があった。かなり行ってみたい気分になったけど
霧で、ロープウェイの行く先が全く見えなくてちょっと怖いので、やめておく。
f0005230_2523887.jpg
朝早いからか、街の中心部もほんとひっそり。
f0005230_2524679.jpg
とりあえず湖が見たくて、ひたすら歩いていたら、どうやら道を間違えたらしい。
f0005230_2525249.jpg
ユースホステル。夏に来たら良さそうだなぁ。人気高そう。
f0005230_2525850.jpg
雪の花が出来てて綺麗~。それにしても寒いぜ!
f0005230_253386.jpg
教会があったので中に入ってみる。
f0005230_253822.jpg
教会独特の静けさって、好きなのよねー。
軌道修正して、やっと湖に到着…なのはいいんだけど…
f0005230_253139.jpg
霧で、湖の面影全くなし!!!凍ってるし。。。
f0005230_2532096.jpg
鳥に、昨日買ったモーツァルトクーゲルンをあげてみたら
すっごい勢いでこっちへやってきて、若干ヒく。
f0005230_253244.jpg
このWolfgang湖、夏は湖の向こう岸にあるSt.Wolfgangという街まで
船で渡れるらしい。いいなー渡ってみたい。
因みにSt.Wolfgangという街は、サウンド・オブ・ミュージックで
マリアと子供達が乗った蒸気機関車に乗れるとこでもあったり。
街の方へ戻ってみる。
f0005230_253298.jpg
建物が可愛いねぇ。南ドイツやスイスっぽい。
f0005230_2533452.jpg
これは市庁舎。市庁舎なのに可愛過ぎ。
f0005230_254227.jpg
市庁舎の前には、子供の頃のMozartの銅像の立つ噴水が。
ま、噴水っても今は雪と囲いに覆われてて何かわかんないけど…。
この街は、Mozartの母親の生まれたところであり、
姉のNannelが嫁いだところでもあるらしい。
f0005230_2541743.jpg
で、ここがNannelが嫁いだ薬局、だと思う。。。
f0005230_2542641.jpg
パン屋に寄ってクラプフェンを購入。
f0005230_254322.jpg
Cafe Nannelという名前の店を発見。
入ってみたかったけど、バスの時間が迫っているので諦める。
f0005230_2543928.jpg
バス停はこんな感じ。やけにここだけ寂れている。。。

10:10にSt. Gilgenを出発し、目指すはBad Ischl!!
運賃は4.20Euro。さっき買ったクラプフェンを食す。
中に入ってるあんずジャムがなかなか美味しいですのぅ。
Bad Ischlに近付くにつれ、霧が晴れ、段々と天気が良くなってきた。

40分程度で終点のBad Ischl駅に到着。
f0005230_2545053.jpg
トイレに行きたくて仕方なかったので、Thermenhotelに飛び込む。
なかなか綺麗なとこで、良かったー。ありがとう。
「歩き方」の地図に沿って、皇帝の別荘のカイザーヴィラへ。
ここ、Bad IschlはFranz Joseph Iのお気に入りの場所で
夏の間は、この地で過ごしたらしい。
Elisabethと婚約をしたのもここだし、Josephの母親が彼を身篭ったのも
ここだと言われているらしく、Joseph縁の地って感じ。
だからこそ、私はここへ来たかったのよね~。
f0005230_2545513.jpg
別荘へは、この入口を通って、橋を渡って行く。
f0005230_2545933.jpg
これがカイザーヴィラ。
JosephとEliabethの結婚記念として彼の両親が建てたらしい。
「歩き方」には冬季は内部ツアーがないっぽく書かれているけど
どこかで、水曜だけはツアーをやっていると読んだので
イチがバチかで、無理矢理水曜に予定を組み込んだんだけど
どうも、開いてる気配がない。。。(泣)
やっぱガセだったかなー…と建物に近付いて、
窓の隙間から中を見ていると、おじさんが話しかけてきて
11:50からツアーがあるよ。と教えてもらえた。
おぉぉおおおお!!やっぱり、あるのね!!今日来て良かったー。
ツアーの時間まで40分ぐらいあるので、もっと上の方にある
Elisabethがティーハウスとして使用していた城まで行ってみることにする。
結構急な道だけど、私と同じことを考えてる人が何人かいるみたいで
人の足で、それなりに道が出来ているので頑張って歩いてみる。
途中、ツルツルの道で激しく転ぶ。。。
デジカメを入れていたポケットの方を下に転んだので
3月のNYの悲劇再び?!と焦ったけど、ちゃんと動いてくれた。ホッ。
でも、なんか変な音がするような気がしないでもない…(不安)。
f0005230_255595.jpg
カイザーヴィラがあんな下の方に。。。
f0005230_2551238.jpg
やっと到着。今は、ここは写真博物館になっている。
Elisabethは、ここで詩を書いたり写真の整理をしたらしい。
大理石の小城という名前らしいけど、外壁がピンクで可愛い~。
冬場は開いてないみたいで、だから雪かきしてないのね。。。
f0005230_2551833.jpg
城の後ろに広がる山々。壮観~。
Elisabethは、冬にここに来たことはあったのかなぁ~~
私と同じ景色を見たことがあったのかな。。。
カイザーヴィラへ戻って、遠目で建物を写してみたり。
f0005230_2552393.jpg
11:50になり、正面のドアが開けられたので中へ。
入るとそこは、おびただしい数の鹿の角が。。。
f0005230_2552886.jpg
これ全部、Josephが仕留めたモノらしい。全てに仕留めた場所と日付がついてる。
彼は、狩りが凄く好きだったことで有名。
受付で入場料の9.00Euroを払い、日本語解説書を貸してもらう。
ツアーは全部ドイツ語なので、ひたすら解説書を見ながら回る。
子供たちの遊び場やElisabethの部屋、皇帝の寝室や執務室なんかを
順々に見ていく。途中、日本の箪笥があって、ガイドに絡まれる。
でも、よく見ると装飾なんかは中国っぽかったんですけど…。
皇帝の部屋は、本当に質素なつくりだった。
そして、やっぱり家族の写真がいっぱい飾ってあって、愛に溢れてた。
執務室は、第一次世界大戦を始める宣戦布告に皇帝が署名をした部屋。
なんか、歴史の重みを感じたなー。

外に出て、Elisabethの城とは別方向に、人の足による道が出来てたので
興味本位で、そこにも足を踏み入れてみた。
どこに行くか全くわからなかったけど、ズンズン奥に行ってみた。
f0005230_2553336.jpg
わぁ、なんかイメージの、休憩所(?)だ。こういうの、好き~。
まだまだ奥に道が続いていたので、頑張って歩いてみた。
f0005230_255375.jpg
お、おー!カイザー・ヴィラがあんな下の方に。
左端に映ってるのが、↑の休憩所(?)ですな。よく歩いたな…。
もっと上に歩いてみると、別の休憩所(?)に、おばさんが!!
マジ驚いた!まさか人がいるとは…。
f0005230_2554366.jpg
挨拶を交わして、私は更に奥の方へ探検に行ってみた。
道に終わりが見えてこないので、諦めて戻ってみると、
さっきと同じように、カイザーヴィラをじっと見つめ続けているおばさん。。。
なんか、不思議な感じがした。何か思い入れでもあるのかなぁ~。
f0005230_2554986.jpg
この休憩所(?)から、Elisabethの小城も見える。
いやー…思わぬとこでいい運動になったな!!
f0005230_2555479.jpg
街と別荘の間を流れるIschl川。
f0005230_256468.jpg
橋から見た、カイザーヴィラ。
あ~~楽しかったな。ここまで来た甲斐あったよ。

Kaiser Franz Joseph通りを通ってみる。
f0005230_256107.jpg
ピンク色の可愛い教会があったので中に入ってみる。
f0005230_2562059.jpg
中はなかなか立派ですなぁ~~~。
f0005230_2562737.jpg

皇帝御用達菓子店のCafe Zaunerに行く。
f0005230_2563341.jpg
さすが皇帝御用達…って感じのゴージャスさ。
f0005230_2564613.jpg
1832年創業の、歴史あるカフェらしい。
ここでの私のお目当ては、Josephのお気に入りのお菓子グークルフプフ。
↑の、ショーケースでケーキを注文して、席について飲み物も頼む。
f0005230_2563955.jpg
私が来た時は結構すいてたけど、あっという間に席が埋まった。
グーグルフプフは、バターがたっぷり入ったドーナツ型の
スポンジケーキなんだけど、ここにはチョココーティングされたものしか
売っていなかったので、仕方なくそれを注文。
f0005230_2581626.jpg
飲み物は、ダージリンティーだったかな?砂糖が綺麗。
f0005230_2582539.jpg
ケーキは、結構重かった。チョココーティングがなきゃ
良かったんだと思うんだけど。ザッハトルテ並みに重い。
帰りにキャラメルトリュフチョコを1粒購入。

Bad Ischlは、温泉地として有名でカイザー・テルメという
温泉プールがあったりする。入ってみたかったけど、水着着用なので諦めた。
持ってこれば良かったなぁ。。。
f0005230_2583249.jpg
カイザー・テルメ。
Tourist Infromationのそばにあった、Salzkammergutの地図。
f0005230_2583786.jpg
ちょいと見えにくいけれど、
真ん中の○がBad Ischlで、右端の矢印がSalzburg。
駅でPOSTBUSに乗り込む。Salzburgまでは8.20Euro。
車内ではほぼ爆睡。
途中、Wolfgang湖辺りで目を覚まして愕然とする。
f0005230_258435.jpg
うわ、めっちゃ湖が綺麗に見える…!!!
(ぼやけて見えるのは、窓が汚いせい)
行きじゃなくて、帰りにSt.Gilgenに寄れば良かったなぁ。。。
Mirabell広場で下車。

帰ってきたよ~Salzburg!
f0005230_2584954.jpg
Getreidegasseを、今度はメンヒスベルクをバックに撮ってみた。
f0005230_2585497.jpg
もう一度馬洗い池にも行ってみた。
f0005230_259067.jpg
昨日は入らなかった大聖堂に入ってみる。入るのに5.00Euroすると思っていたけど
どうやら中にあるドーム博物館の料金らしく、聖堂は無料。
f0005230_259721.jpg
ここで、あのKarajanの葬儀を行ったらしい。
f0005230_2591494.jpg
Mozartは、ここで洗礼を受けたらしい。
f0005230_2592193.jpg
パイプオルガンはヨーロッパ最大級だって~凄いな。
お土産を買うため、Furstへ。
f0005230_2592740.jpg
昨日は私は何も買わなかったのよね~。
この店が発祥のモーツァルトクーゲルンは、Austriaお土産として
かな~~り有名で、ピスタチオのチョコ(?)を普通のチョコで
コーティングしてあるお菓子。
このお店はひとつひとつ手作りらしい。
f0005230_2593310.jpg
クーゲルンの他にも気になるチョコを1個買いしてみた。
Universitat広場の方へ行ってみたら、Grunmarktがまだやってた。
f0005230_259383.jpg
もう日も落ちる時間だから、かなり店数は少ないけど。
f0005230_259455.jpg
果物とか買おうかと思ったけど、やめておいた。

Getreidegasse沿いにあるMANGOで、なかなかいい感じのコートを発見!
けど、サイズがちょうどなものはボタンが取れてたりして微妙。
WienのMANGOに、同じものがあればいいなぁ。。。
スーパーのBILLAに寄って、お土産を物色。
かなりの時間をスーパーにいたらしく、外に出たら真っ暗だった。
f0005230_2595151.jpg
Makart橋から見た旧市街。
f0005230_2595721.jpg

旧市街からMakart橋を渡ってすぐ左にある建物をふと見てみると、Karajanの生家って書いてあった。何度もここ通ってたのに、今更気付いた。。。
f0005230_30267.jpg
結構大きい家だよ、ここ。

宿に帰って、同室の人とお喋りしたり。
ドイツの方へ抜けて行く人が多いなぁ。
Fingerlosはすこぶる評判良しですな。
洗濯をするために、地下のランドリーへ無料の洗剤を取りに行ったら
持ち歩いてたカメラをコンクリートの上に落としてしまい
動かなくなった…涙。うわー!!明日からどうしよう。。。
と青くなっていたとこに、メシアが!
そうだ、携帯のカメラ使えるじゃん!新しい携帯に変えてて良かった!
すべての出来事は、未来に繋がってるのね!!あぁ、良かった~。

3日目へ
5日目へ
[PR]
by piro_siki_2 | 2006-02-01 00:00 | Austria 0601-0602